COLUMN

COLUMN

Ameba公式ブロガー海部舞による、星のお話・日々のこと・星使いの時刻表など、きっと気づきや共感がたくさん見つかるブログ。

記事詳細post

星使いの時刻表

【星使いの時刻表】蠍座木星、山羊座冥王星、魚座海王星の小三角①

 

10月10日から蠍座入りした木星ですが、
年明けごろから徐々に、表題のような配置を作ります。

この配置がタイトになるのは2018年の春です。

 

大前提として、多分この読者の皆さんがご自身の出生図でも持っているだろう、
冥王星と海王星が60度という配置があります。

一つの星座をまたぐような形で冥王星と海王星が繋がっているホロスコープをほとんどの方が持っていると思います。

これは20世紀の半ばくらいからずっとできている配置です。

冥王星と海王星は公転周期の長さが3:2の割合になっているのですが、
冥王星が楕円軌道を描く関係で、海王星の内側を走る期間がありました。

 

Wikipediaより拝借しましたm(__)m

 

このような軌道になっている冥王星と海王星の間で、
付かず離れずで星が運航していた期間があって、
それが今なのですね。

60度(セクスタイル)というのは、
片方が始めたことを、もう片方が発展させるような配置です。
わたしたちは世代的に、
癒し、浄化、スピリチュアル、芸術といった、
海王星的な直観を使うことを
徹底的にやることになっている。

みたいな解釈になります。

冥王星のセクスタイルは徹底的にやる、という感じで現れます。

動きの遅い天体同士の配置なので、
世代的な役割です。

また、それぞれがどの星座にあるかでも解釈が変わります。

 

世代的な配置なので、基本的にわたしたちはそれを自覚しません。

 

大まかに言っていいだろうことは、
「地球の精神性の目覚めに関与する世代である」ということかなぁと思います。

もっと大きな歳差運動とか、文明を読む読み方とも結びつけると、
間違いないなぁと思います。

 

この配置に、何かもっと動きの速い天体が絡むと、
スピリチュアル能力の開花に繋がります。

各自の出生図をぜひ見てみてください。

 

例えばわたしだったら、冥王星と海王星がセクスタイルしてているところに、
海王星と重なるように水星があり、
少し緩いですが太陽も更に重なります。

わたしはこのスピリチュアルな配置に、「思考や言葉」を表す水星が絡み、
「目的意識」の太陽も絡んでいる。

そういう世界のことを伝えるのを目的にしている、ということになるのかなと思います。

冥王星のセクスタイル(69度)もあるので、徹底的にやらされます。

 

アスペクトは難しいので、細かい解釈は出来ないかもしれませんが、
とにかくその配置に絡んでいる個人天体があったら、
それがスピリチュアルな力の受け取る媒体になります。

 

金星なら芸術的な表現で。

太陽や火星ならそれを目的意識にしたり、社会に発揮しようとする。

 

…長くなったし出かけなければならないので続きます。

 

ちなみにトップの写真には特に意味はありません。。。

 

約14,200名以上が購読中☆星の舞便りの登録はこちらです↓
月の満ち欠けに合わせて星の情報を配信しています☆

 


 

 星の舞オンラインストア

 

三刷重版!講座まではなかなか…という方はまずこちら(*´▽`*)
『星を使って、思い通りのわたしを生きる!』(KADOKAWA)
星を使って、思い通りのわたしを生きる!

重版出来!!
【星使いの時刻表】を1年分読めるよ♪

宇宙のエネルギーを味方につける 星使いの時刻表 2017年版

現在募集中のイベント・セミナーはこちらです

ホロスコープセミナーオンラインはこちらです

ホロスコープセミナーアドバンスのオンライン受講についてはこちらです

今後のセミナー開催予定はこちらです