COLUMN

COLUMN

Ameba公式ブロガー海部舞による、星のお話・日々のこと・星使いの時刻表など、きっと気づきや共感がたくさん見つかるブログ。

記事詳細post

星使いの時刻表

【星使いの時刻表】木星の逆行~あなたの内側を満たし、育み、信頼関係を再構築する

 

3月9日の13時30頃 木星が逆行を開始しました。

 

ここまで2カ月ちょっと続いた、全惑星順行の期間が終わります。

 

3月10日、11日とイベントが続いたため、
木星の逆行開始の記事を書くのが遅くなりました。

 

今回木星が逆行を開始するのは蠍座の23度(サビアン度数24度)です。

この度数には2月の25日ごろから滞在し始めました。
3月21日(春分)までこの度数にあります。

この間、木星はこの度数を学びます。

 

サビアンシンボルは「一人の男の話を聴くために山から下りてきた群衆」です。

テーマをみつけて取り組むこと。

手に入れた教えや霊感で、実生活を意識的に変えていくこと。

そうでなければ、どんなに理想を夢見ても、日常の暮らしによってその記憶を失ってしまう。

 

山の上は非日常です。

群衆は日常に降りてきた。

わたしたちの日常の中にこそ、多くの智慧が眠っている。

理想ばかり見ないで、生活の中の霊性を知ろう。

普通の人の中の智慧から多くを学ぼう。

真実は日々の中にある。

 

春分まで、このことをぜひ、気にしてみてください(*^^*)

 

木星が意味するのは「社会での拡大」や「豊かさ」ですから、
ここから木星が順行に転じる7月11日まで、
わたしたちは蠍座領域における自身の社会的拡大や豊かさの鍵を学びなおします。

 

2017年の10月10日から、木星は蠍座にありましたが、
そこからここまで、いかがだったでしょうか。

以前蠍座木星の記事を書きました。

 

【星使いの時刻表】木星の蠍座入り①~土星蠍座時代の下地 嘘はばれる

 

≪アメブロはこちら≫

 

 

実際にわたしの周囲でも、真っ黒いのが一部で最後の雄たけびみたいにぎゃーーー!!ってなってます(笑)

 

あとは、SNSなどを見ていると、天秤座木星時代は表面上のキラキラとかリア充みたいなのが通用したのですが、今はもう、そういうのに全く興味がないですよね(笑)

みんな関心そのものが自然と無くなっている。

 

だから、冷え込んだように感じる人、
堕ちたように感じる人、
いるのではないかなぁと。

 

木星が逆行を開始したこの蠍座24度の、

日常の中の本質を見なさい

というメッセージはすごくしっくりきます。

 

 

 

※めぐろパーシモンホールで歌ったよ♪ 宇宙エネルギーで会場を満たしました。
涙したとの声多数!やったーー!!来てくださった皆様ありがとうございました!またレポします♡

 

 

木星はここから、7月11日まで蠍座領域を逆行します。

そして、順行に転じる7月11日には、

地と水のエレメントの六芒星が天空にできます。

これは今年の大事なだいじなポイントです。

 

順行に転じていく木星もこの六芒星の水のエレメントに強烈なエネルギーを注ぎます。

 

この時の木星の度数は蠍座の14度です。

「仕事をしている電話接続士」という度数になります。

複雑になった人間関係の整理。

新しい心の変化に基づき、新しい生活や対人関係が発生する。

根回しや新しい対人関係の確立。関係の拡大。

希望の持てるはずの無いところにわたりをつける。

ものごとや人の新しい接点を創造する。

 

ということで、電話というのは人とのコミュニケーションツールです。

蠍座は信頼関係を象徴しますから、
信頼できる人間関係の再構築をすることがこの逆行期間の目的だと言えます。

 

星とわたし自身の感覚に照らし合わせて感じていることですが、
今この時期、「誰にでもいい顔をする」というのは辞めていく必要があると感じます。

それもわかります

あの人にもいいところがあります

どっちつかずでみんなにいい顔をするのは終わり。

 

そんな風に、誰をも理解しよう、という気持ちでいると、伸び悩むのですね。

 

ここからは水のエレメントと地のエレメントを使いこなすことを学ぶ必要があります。

だからこそ、「自分自身」という核をしっかりと持つ。

そして、他者をいい悪いとジャッジする必要はないけれど、

「わたしはこれが好き」「これは嫌い」

とか、

「わたしはこういう世界に行きたい」「こういうのは嫌だ」

と、はっきりさせること。

 

あなたの感情(愛)を、

大切にしたいことを、

目指す世界を、

達成したいことを、

はっきりさせること。

 

人は未来の多くの可能性から、

自分が体験したいことを常に選び取ります。

 

大切なのは、「再選択する力」です。

価値観でも、環境でも、経験でも、関わりたい人でも、

わたしたちは常に、選択し続ける権利がある。

そうして、再選択し、再創造し続ける。

 

その時に、別れとか破壊のようなものが伴う痛みも引き受ける。

そうしてようやく、上昇螺旋に乗ることができる。

宇宙の流れに自然と運ばれる。

 

なぁなぁであることは逃げでもある。

変わらないという選択でもある。

 

同時に、「受け取る」ことの豊かさを味わってほしいです。

自然と日々、感謝が増えて、豊かになります。

自分の周囲の人々からいつも与えてもらっていることを、
改めて意識してみてください。

どれだけ素晴らしい人たちがあなたの周りにいるかを、
改めて感じてみてください。

 

信頼、そして受け取る豊かさ、は、蠍座木星時代のキーワードです。

 

あなたの内側を満たし、育んでいきましょう。

そうして真の女性性が育まれていきます。

 

 

皆様にとって、実りある木星逆行の日々となりますように。

 

 

2018年の星の流れは、「宇宙の流れを味方につける 星使いの時刻表」でチェックしてくださいね!!

Amazonでのご購入はこちらです。
この記事のような「星使いの時刻表」が1年分読めますよ♪

オリジナルの手帳カバー、発売開始!

 

購入者特典のPDFはこちらから受け取れます

 

12月22日発売。Amazon「形而上学・存在論」ランキング1位獲得!

image

 

出版記念10(TEN)の星キャンペーン☆参加してね(*^^*)

 

『星を使って、思い通りのわたしを生きる!』(KADOKAWA)
星を使って、思い通りのわたしを生きる!

 

現在募集中のイベント・セミナーはこちらです

ホロスコープセミナーオンラインはこちらです

今後のセミナー開催予定はこちらです

 星の舞オンラインストア

 

詳細、購入はこちらです

 

約16,000名以上が購読中☆星の舞便りの登録はこちらです↓
月の満ち欠けに合わせて星の情報を配信しています☆