COLUMN

COLUMN

Ameba公式ブロガー海部舞による、星のお話・日々のこと・星使いの時刻表など、きっと気づきや共感がたくさん見つかるブログ。

記事詳細post

宇宙哲学(生きること)

星読みは教養である☆星の流れを知り、自分の行動を選択しよう

 

占星術をやっています

というと、

決まって「占いですか?」と言われる。

 

わたしの元で占星術を学んだ人たちにもたいてい共通して起こるジレンマですが、
みんな「占星術は占いとは全く違う!」と言います。

わたしはね、「世間のエンターテイメント的な占いとは全く別物」という考えです。

ただ、占いというのは本来、「様々な方法で、人の心の内や運勢未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいう。(Wikipedia)」ということで、この概念だったら、西洋占星術も当てはまりますので、占星術を「占い」であると判断するのは誤りではないのかなと思います。

つまり、今の世間のエンターテイメントな占いが偏り過ぎているという感じがします。

 

わたしにとって一番しっくりくるのは、占星術は「教養」だ、という感覚です。

あらゆる学問というのはそもそも、わたしたちの人生や、この宇宙の法則を探求する中で発達していったと思っています。

どうしてわたしたちは生きているのかなぁ。
生きるって何かなぁ。

これが哲学だったり道徳だったり、文学や社会科(?)になったりする。

 

そして、この宇宙は、この世界はどんな仕組みなのかなぁ。

そんな、宇宙の、自然の、世界の法則を解明しようとする。

これも学問の根源にあると思っている。

 

占星術も、神聖幾何学とか、数字とか、惑星の動きとかを分析して体系化したもので、
暦とか時間の概念に近いものに、更に目に見えない領域の
宇宙の法則を織り込んでいる。

だから星の流れやリズムを定期的に観察するのは、
分析的な作業で、そこに、哲学的な思考をそれぞれの読み手が乗せていくのです。

 

ここ最近、「これからの時代、占いは当たらなくなっていく」とか、
「星読みの情報への依存者が増えてはいけない」といった主張を目にしましたが、
わたしは、星の情報は当たるとか外れるとか、そういう二元論的なものではなく、
流れを知ること、ただあるこの宇宙のエネルギーを解読することだと思っています。

だって、天気予報とすごく近いんですよ。
雲の状況やらいろんなデータで晴れるかどうか結論を導くのに似ています。
もうすぐ台風が来るでしょう、とか。

今は真夏です。猛暑が続くでしょう、とか、そういうただの「情報」です。
観察されたうえでの予測であり、事実です。

それで天気予報を見ないといられない人とか、
定期的にカレンダーをみて確認する人とか、
当然いるじゃないですか。

 

それ、依存じゃないよね。

ただの習慣だよね

 

星読みを定期的にチェックするのは賢い習慣だとわたしは思っています。

 

むしろ、使わない手はないよね。

 

見なくてもわたしは十分に星の流れに乗っている、という人もいるかもしれない。

それも事実です。

自分の内側の感覚に忠実であるならば、不要だとも思います。

 

ただ、わたしの星読みは集合意識に働きかけるもので、
深い気付きを得られますので、万人にお勧めです。

宇宙の根源の情報というのは、
ただ読み、知ることにすごく意味があります。

 

ただなんというのかな、星の情報に乗せて、人によっては脅すような言い方をしたり、
不安をあおったり、商品を買うように仕向けたり、そういう人はいるかもしれない。

何が読み手の個人的な考えで、何が本当のことなのか、
星の情報を伝える人の奥底の「意図」はしっかりと見極めたほうがいいと思います。

 

わたしは星の情報を発信することに決めたときに、
星からのメッセージであるというだけで、
言葉に「力」を持つことが怖ろしく感じられた時がありました。

みんなそこから、精神的な影響を受けてしまいやすい。

 

だからわたしは、
人々の精神の進化発達に役立つことしか書かないと決めたのです。

 

宇宙の愛というのはまっすぐで純粋だからこそ、
わたしたちの真実を暴きます。

それに触れたときに、怖れを感じることはあるかもしれません。

でもそれは構わないと思っていて。

 

例えば今は獅子座のエネルギーが強いから、
「あなたの輝きを生きてね」というメッセージを発したとして、
ある人は「わたしはそんなキラキラ生きることなんてできない」と絶望的な気持ちになるかもしれない。

 

でも真実を受け入れる時、わたしたちって一種の絶望に似た気持ちを味わうものです。

だから焦りや絶望を感じる人がいるなら、それはそれで仕方ないし、
それすらも最終的にはその人のためになると思っています。

 

星の動きはわたしたちには変えることができません。

 

平等に、同じタイミングで、宇宙の流れに乗って生きています。

 

例えば今から2週間、真夏日が続きます

という天気予報を見たとして、

「わぁ!海に行こうかな♪」という人もいれば、
「げーー!!熱いのかぁ、うんざりだなぁ」という人もいるでしょう。

どっちでもいい。暑いの嫌いなら、避けて過ごせばいい。

 

大事なのはどういう行動をしたかというよりも、
その行動があなたの悦びで、あなたの成長につながるのか、ということだと思っています。

 

自分たちの器の通りに、準備しただけの通りに、
出来事が起こるだけですね。

 

情報はただの情報です。
結局、行動を選択するのはわたしたちで、
何を選んでも自分でしか責任をとれないのだから、
星の情報はうまいこと利用してほしいと思います。

 

そのための『星使いの時刻表』(光文社)の出版だったし、
より自分らしく創造的に生きて、
うまく宇宙の流れを生かしてくれる人が増えればなと、
そんな風に思いながら、日々星からのメッセージを紡いでいます。

 

ちなみに出生図(魂の青写真)に関してと、

宇宙の流れ(集合意識)に関しては情報が全く違いますので混同なさらないようにしてくださいね。

 

宇宙の流れはわたしたちがもともと持っているもの(出生図)を、
経験や出来事からアップデートさせてくれます。

基盤は出生図です。

 

両方大事です!

 

 


DEARDEAのユニバーサルマインドで生きる!星のライフデザイン講座
残席1名のみです!

三刷重版!自分の出生図を知りたい…という方はまずこちら(*´▽`*)

『星を使って、思い通りのわたしを生きる!』(KADOKAWA)
星を使って、思い通りのわたしを生きる!

重版出来!!
【星使いの時刻表】を1年分読めるよ♪

宇宙のエネルギーを味方につける 星使いの時刻表 2017年版

現在募集中のイベント・セミナーはこちらです

ホロスコープセミナーオンラインはこちらです

 

オンラインのアドバンスコースも募集中です
今後のセミナー開催予定はこちらです
月の満ち欠けに合わせて星の情報を配信しています☆