COLUMN

COLUMN

Ameba公式ブロガー海部舞による、星のお話・日々のこと・星使いの時刻表など、きっと気づきや共感がたくさん見つかるブログ。

記事詳細post

星使いの時刻表

【星使いの時刻表】水星の逆行開始 思い出すための布石

 

8月13日の10時30過ぎごろ、水星が逆行を開始します。

 

水星の逆行は、毎年3回ほど、3週間ぐらいかけて起こります。

水星は思考・情報・コミュニケーション・交通などを象徴しますので、
それらがスムーズにいかなくなる、と言われます。

物忘れやミス、交通機関の乱れなどなど。
まあ、わたしはあまり気にしないし、物忘れはいつもあります(笑)

 

でも思考が後ろ向きになるという意味では、
過去のことを改めて考え直し、とらえなおすとか、
久しぶりの誰かに連絡を取ってみるとか、
無くしたものが見つかるとも言われます。

 

わたしはこの水星逆行期間に集中して執筆しなければならないということで、
きっと何か意味があるんだろうと思っていますw(不安になってはいけないw)

 

天体の逆行開始時は、どの度数からどの度数に戻るのか、
そのサビアンシンボルを通して、今学びなおし、考え直し、振り返っておいた方がいいテーマがわかったりします。

 

水星はおとめ座の12度で逆行を開始します。

サビアンシンボルは「ベールを外された花嫁」
ベールの奥には未知なるものがある。
ベールというのは繊細な糸で織られたものということから、
自然界の神秘的な力とか、継承されてきたものなどを象徴します。

そしてベールの奥には花嫁が。

女性のエネルギーと陰的な力。

このシンボルでは男性(花婿)が花嫁のベールを外すというところで、
陰陽統合に向けた最初の働きともいえます。

ただしこの場合、男性側が女性側よりも優位に立っている。

外すのは男性だからです。

 

未知なるもの、神秘的なもの、隠してきた奥にあるものに向かうために、
自分の能動的な意志の力を使う。
そんな度数です。

 

 

そして水星は、9月5日に順行に戻ります。

この時の度数は獅子座の29度。

サビアンシンボルは「人魚」です。

この度数は、波から浮上した人魚が、人間の形に生まれ変わろうとしている、
というような様子を表します。

海は潜在意識を象徴します。
何かしらの気づきを得やすいのですが、
人間になり切れていない、半分海の住人ですから、
意識と無意識のはざまで、のどまで出かかっているものと向き合い、
人間になろうとする(具現化しようとする)という度数です。

童話の人魚姫みたいに、声がうまく出ない感じ(笑)

 

水星がこの度数まで戻って引き返すということは、
わたしたちが受け取るべきわたしたち個人への潜在意識からのメッセージを取りこぼさないようにしようという作用かもしれません。

 

水瓶座満月のリーディングや、天王星や土星の配置などから、
今は過去の、古代の叡智を思い出す時であり、
わたしたち一人一人も深い領域から思い出さなければならないことがある時であることをお伝えしてきました。

この水星も、そのためのダメだしだなと(笑)

 

逆境から順行に切り替わる瞬間のホロスコープを見ると、
水星は火星やドラゴンヘッドと重なり、
その「思い出す」作用はカルマ的であり、
それを精一杯克服して能動的に動こうと決意するための意志が点火されるようなイメージがあります。

また、天王星と美しいトラインが出来ていて、
これまでの常識や枠を超えた発想を受け取りやすくなっています。

 

過去からやってきたこと、この人生で克服してやっていきたいこと、
そういったことを生かすための今までにないアイデア、
それを成し遂げるための意志の点火。

そんなキーワードが浮かびます。

 

今何か新しいことに向かって進もうとか、
自分の役割を全うしようと志を新たにしている人も多いと思いますが、
この水星逆行は、取りこぼしが無いようにと、
記憶に深く潜り直すような作用として、うまく生かすことが出来そうです。

 

本当に、宇宙の采配は絶妙ですねぇ☆

 

 

☆株式会社星の舞 夏季休業のお知らせ

 

 

約12,500名が購読中☆星の舞便りの登録はこちらです↓

月の満ち欠けに合わせて星の情報を配信しています☆


DEARDEAのユニバーサルマインドで生きる!星のライフデザイン講座
残席1名のみです!

三刷重版!講座まではなかなか…という方はまずこちら(*´▽`*)
『星を使って、思い通りのわたしを生きる!』(KADOKAWA)
星を使って、思い通りのわたしを生きる!

重版出来!!
【星使いの時刻表】を1年分読めるよ♪

宇宙のエネルギーを味方につける 星使いの時刻表 2017年版

現在募集中のイベント・セミナーはこちらです

ホロスコープセミナーオンラインはこちらです

ホロスコープセミナーアドバンスのオンライン受講についてはこちらです

今後のセミナー開催予定はこちらです