COLUMN

COLUMN

Ameba公式ブロガー海部舞による、星のお話・日々のこと・星使いの時刻表など、きっと気づきや共感がたくさん見つかるブログ。

記事詳細post

星使いの時刻表

【星使いの時刻表】獅子座下弦の月~蠍は進化し鷲になる

 

11月11日 5時36分 獅子座で下弦の月です。

 

下弦の月はその後の新月までの準備のために見直したり、手放しをしたりする月。

 

でも今回はそれ以上の重要な意味がありそうです。

 

この下弦の月前後、あなたは自分の本質を生きるために何らかの変化を起こそうとすることと、
この社会で培ってきた自分を表現してきたものとの間で葛藤するかもしれません。

 

錬金術の世界では、蛇はサソリになり、サソリは更に進化すると天に昇って鷲になると言われるそうです。

 

「錬金術 蛇 蠍」の画像検索結果

タロットの世界のカードも、占星術でいう不動サインの

牡牛座、獅子座、蠍座(鷲)、水瓶座(人)が描かれています。

水瓶座は神話上、美少年ガニメデスが水瓶を持って給仕している姿とされています。

 

蠍と蛇の関係は性エネルギーがかかわるかなぁと予想します。

>>参考記事。ヘルメスの杖とイシスの秘儀

蠍座は性を象徴しますので。

その性エネルギーの開発が蛇から蠍への進化。

 

そして、鷲への進化は、おそらく何らかの死を体験することなのではないかと。

※本当にいろいろ調べた中での想定です。

 

蠍座は死と再生を象徴しますので、
再生したら鷲になる。

 

まさに不死鳥のイメージなのですが、
蠍座の再生のためには、獅子座のエネルギーが流入する必要があるのかもしれないと感じます。

自分を犠牲にして人に尽くそうとか、
相手に同化しようとしてしまう蠍座が、
自尊心を手に入れる。

そうして、自分を大事にする本質的な生き方を手に入れる。

それが獅子座と蠍座の統合。

 

この下弦の月のテーマだろうと思います。

 

更に、この下弦の月は、ドラゴンヘッドに重なっています。

何らかの運命スイッチが入る。

 

また、蠍座で金星が木星ともコンジャンクション(合)

この配置は12ハウスという「秘密」の場所で起こります。

 

長くなりますね…。

 

今日はお疲れモードなので、下弦の月の記事にしては珍しく、その2に続きます。

 

 

メルマガも書くつもりではいますが、週末は2日間セミナーなので、
12日の晩の配信になりそうです。

約14,500名以上が購読中☆星の舞便りの登録はこちらです↓
月の満ち欠けに合わせて星の情報を配信しています☆

 


 

出版記念本 カドカワ主催イベント目白押しです!!

12月17日 7つの星セミナー@札幌

発売前に本が受け取れる!
12月18日 出版記念 神々の星プチセミナー@札幌

新刊付きでミニワークショップもあるよ♪

 

12月22日(金) 東京での出版記念プチセミナー

13時~
https://store.kadokawa.co.jp/shop/k/k301711000014/

 

17時~
https://store.kadokawa.co.jp/shop/k/k301711000015/

 

12月23日(土)大阪での出版記念プチセミナー
https://store.kadokawa.co.jp/shop/k/k301711000016/

2018年のエネルギーチャージやしの木
2018年1月12~16 ハワイ島リトリートツアー

お陰様で年末に続編の発売が決定しています!
まだの方は先にこちらをご覧くださいm(__)m
『星を使って、思い通りのわたしを生きる!』(KADOKAWA)
星を使って、思い通りのわたしを生きる!

【星使いの時刻表】を1年分読めるよ♪
宇宙のエネルギーを味方につける 星使いの時刻表 2017年版

現在募集中のイベント・セミナーはこちらです

ホロスコープセミナーオンラインはこちらです

ホロスコープセミナーアドバンスのオンライン受講についてはこちらです

今後のセミナー開催予定はこちらです

 星の舞オンラインストア