COLUMN

COLUMN

Ameba公式ブロガー海部舞による、星のお話・日々のこと・星使いの時刻表など、きっと気づきや共感がたくさん見つかるブログ。

記事詳細post

星使いの時刻表

【星使いの時刻表】蠍座下弦の月~大切に握りしめることと、手放すことと。

1月28日 6時10分 蠍座で下弦の月です。

下弦の月は1週間後の新月に向けた手放しや調整をするタイミングです。

 

天空図を見ると、始まりの場所に冥王星がタイトに重なり、
「変容」の力が大きくなります。

その変容は無意識的な領域に作用し、
春以降のあなたの方向性を変化させる力があるでしょう。

想定外の所から、逆風に感じることが起こる可能性もあります。
それも、更に先の未来のためには必要な手放しであったりします。

 

水瓶座に太陽がある今の季節は、次の春の種まきまでの計画を立てるような時。

何を未来に持って行き、何を手放すか。
より自由で可能性のある未来へ。

その中でも、蠍座で起こる下弦の月は、
改めて大切なもの、信頼できるものをみつめる時と言えるでしょう。

 

2019年は社会的な方向性、あり方を
誰もが少なからず変化させていく必要があります。

春以降に改めて何をスタートさせたいのかを考えたときに、
最も核となる自身の中の重要なこと、
揺らがずに持ち続けたいものを改めて確認する。

そうすることで、手放しても大丈夫なものも同時に確認できる。

その確認作業において、大きな揺らぎや葛藤があるかもしれませんが、
新しい扉が開くのはそういった揺らぎの直後なのだろうと思います。

 

太陽はすぐそばに水星がある状態で水瓶座の8度に位置します。
サビアンシンボルは「美しい衣装を着た蝋人形」
未来の可能性に向けて、シュミレーションし、
多くの可能性の中から、かなり客観視して詳細に描いていきます。

時に、周囲の期待に応えるような形で自分を着飾ることを選択するかもしれません。

自分のプロモーションとか、魅せ方を考えるようなタイミングとして適しています。

 

月は蠍座の8度「湖面を横切って輝く月」という度数です。

自然の流れを待ち、潜在意識からのメッセージを心静かに見つめるべき時です。
イメージ力を豊かに持ちましょう。
集合意識から大切な情報を受け取れそうです。

 

 

火星が牡羊座にあるため、2月半ばまでは2年計画の何かをスタートさせるのにいい時期です。

春分のスタートは1年分のことであり、少し違いがあります。

火星は2年計画のスタート。
春分前の今から、一度何かを始めてみるのはとても大切です。

 

射手座に木星と金星が同座し11ハウスにあります。

未来への展望を描き、社会への理想を描き、
何かを学んだり情報を集めたり、
仲間と何かを計画するのにとてもいいタイミングです。

それが、これからあなたが新しく何かをスタートさせるきっかけになりやすくなります。

反対に、始めようとしたことがうまく行かなかったりもしやすいでしょう。

その場合、そもそもうまく行きにくい、達成しにくいことである場合がほとんどです。

アテが外れたなぁと感じるかもしれませんが、
うまく進まないことはやめてみてOKでしょう。

そのあたりをうまく見定めて、
また新たに何をスタートさせたらいいか情報を集め、
人に伝えてみたり、提案したりしてみてください。

なんせ今と今年の春スタートさせることはあなたにとって本当に重要なことです。

そのために終わりにしたり手放しをしたりしながら、
新しい風を入れる準備をしましょう。

 

 

※誠に勝手ながら、蠍座下弦の月のメルマガはお休みします。

約18,700名以上が購読中☆星の舞便りの登録はこちらです ↓
月の満ち欠けに合わせて星の情報を配信しています☆

 

募集中のセミナー一覧はこちらです各日程をクリックいただき、詳細ページをご覧下さい。

今後のセミナー開催予定はこちらです

12月18日発売しました!
書店でみかけたり、お読みくださった方は是非、
#星使いノート で教えてくださいね!!
image
ワークショプ用に「星使いノート」を購入いただけます!
お求めは星の舞ストアーより
【海部舞の書籍一覧 ※Amazonに飛びます】
image
アップロード画像