COLUMN

COLUMN

Ameba公式ブロガー海部舞による、星のお話・日々のこと・星使いの時刻表など、きっと気づきや共感がたくさん見つかるブログ。

記事詳細post

星使いの時刻表

【星使いの時刻表】水瓶座新月~新しい時代に持って行くものと捨てるもの

2月12日 4時5分 水瓶座で新月です。

そして、旧暦ではこの日がお正月(春節)にあたります。

 

さて、今回の新月、
水瓶座に土星、木星、金星、水星、太陽、月と
6つの天体が密集するというかなり迫力のある配置です。

こんなに水瓶座に星が集まって、いったいこの頃どうなっちゃうの??
と昨年「星使いの時刻表」を執筆していて思った覚えがあります…。

木星と土星が水瓶座入りして最初の水瓶座での新月ですから、
ここから次の新月までに起こることは、
風の時代の本格始動のための切り替わり
という印象があります。

水瓶座に6つ集まった星々に対して、
牡牛座の火星や天王星が葛藤の配置を投げているのがなかなか厳しい…

牡牛座の火星や天王星は4ハウスにありますので、
家庭などの日々の居場所においての突発的な変化や争いが起こりやすくなります。

火星は木星、金星、水星、太陽、月の5天体に対してスクエアを形成します。

また、水瓶座の土星と牡牛座の天王星がかなりタイトにスクエアを形成しています。

 

なんとなく、足元が一気に崩れ落ちるような、
急に膝がガクッとなってずっこけるような、
急にぷっつりとなって、切れたり離れたりしてしまうような‥‥

ギリギリで保っていたものが崩壊していくような印象があります。

 

水瓶座の星々は1~2ハウスに集まっていますので、
自分の在り方や好み、方向性、
お金の得方といったことに
変化が起こりやすい印象です。

経済大丈夫かな…?という感じがありますが、
もしかしたらここから1カ月以内に
経済システムや銀行などの金融機関等で何か起こりやすいかもしれません。

身近な家庭や会社などで突然の出来事が起こりやすかったり、
急な出費が起きたりする可能性があります。

まぁ、あちこちでぐるん!っとひっくり返るようなことが起こるのですね…

 

新月の太陽と月があるのは水瓶座の24度で
「情熱に背を向け自分の経験により教えている男」
というシンボルです。

理想にとらわれず過去の経験から教える。
自分の体験的な知識を人に伝達する。
人助けや指導をする仕事。
ひとつの目的に集中して、必ずそれを達成できる能力。

水瓶座なので、理想や理論を重視します。

論理的に分析したうえで、自分が得た学びや経験を人に教え伝えるような度数です。

今回はこの太陽と月に対して火星がスクエアを形成しますので、
怒りや衝動的な感情の変化や突然の出来事を通して、
自分の能力や可能性、人の役に立つテーマに気が付くようなことが起こるかもしれません。

自分の新しい価値、新しい収入の得方に気が付く人も多いでしょう。

新しい技術ツールや新しいプロジェクトがやってくる人もいるでしょう。

この新月を期に、自己革新をしていくきっかけを得る人も多く、
そのきっかけが割と強制的にやってくるととらえることもできます。

内なる才能、能力の革新ともいえます。
あ、わたしのしてきたこの経験って、実は自分の価値なんじゃない?
とか、これって意外とみんなも知りたいことなんじゃないかな?
といったことに気づき、それをシェアすることで新しいあなたの価値や収入につながる可能性があります。

ちょっと意識してみてくださいね。

 

ひとつ希望だなと感じるのは、双子座にドラゴンヘッドがあることです。

これが、現在水瓶座で逆行中の水星とタイトに調和の配置をつくり、
水瓶座の木星や金星とも調和しています。

手放しが起きても、その後運命的により豊かなものが入り込んでくるような印象です。

これ以降の切り替えを経て、
新しい情報、習慣、社会での役割などを得る人も多いでしょう。

ここからの新しい時代、あなたは自分の経験、才能、所有するもののうち、
一体何を持って行く?それは他者の役に立つ?共有できる?
いらないものはなるべく手放してくださいね!

という宇宙からの強いプレッシャーを感じます。

ここで手放しが起きたことは、新しいここからの自分には不要だったのだ、と受け取るのもいいでしょう。

新しい風を体いっぱいに受け入れるための準備ともいえそうです。

 

【お知らせ】

3月11日(木)パートナーシップリーディングコース@Zoomの募集開始です!
後日動画受講も可能です。

かなり久しぶりの開催です。

テキストも大幅に加筆予定ですので、再受講も是非ご検討ください。

 

 

↓ 送料無料、サイン付きは2月17日のご予約まで!

星の舞公式LINE♪ 友達追加してね!
☆イベントやセミナー(時にはシークレット企画)をご案内します