COLUMN

COLUMN

Ameba公式ブロガー海部舞による、星のお話・日々のこと・星使いの時刻表など、きっと気づきや共感がたくさん見つかるブログ。

記事詳細post

星使いの時刻表

【星使いの時刻表】土星天王星のスクエア~変えにくいテーマを根底から変革する

2月18日、19時44分ごろに太陽が魚座に入りました。

この日は同時に、水瓶座の土星と牡牛座の天王星がタイトにスクエアを形成しました。

今年、土星と天王星は3度にわたりスクエアを形成します。

1度目は2月18日
2度目は6月15日
3度目は12月24日

水瓶座は新技術や刷新をあらわす星座で、
ここに土星が入ることで、社会のシステムや様々な枠組みの刷新ということになります。

牡牛座はお金やわたしたちの生活、持って生まれた才能や価値を象徴し、
天王星がここにあることでそういったテーマが変革されていくことになります。

土星と天王星がスクエアという葛藤の配置をつくると、
社会構造の変化と私生活に新技術が入り込むことで、
社会やわたしたちの生活がひっくり返るような変化が起こることを象徴している感じがします。

例えば、転職、離職、住環境の変化、
時間や場所に縛られない自由な働き方、
性差や居住地、立場、権力などの違いによる不平等の是正、
といったことが起こりやすそうです。

また、天王星がある牡牛座はお金を象徴しますので、
金融市場に何らかの影響があるかな(経済破綻も起こりやすそうな‥)

とか、

牡牛座は持って生まれた身体の感覚(五感)や才能であり、
なんとなく遺伝子や細胞をあらわすような印象がありますが、
人類が遺伝子や細胞レベルに影響を与えるような新技術がまだまだ出てきて、
社会に影響をもたらすかな、とか…
※新型コロナのワクチンや美容業界の老化細胞除去などのイメージもあります。

このように、2021年は、土星と冥王星が3度のヒットを繰り返しながら、
社会の構造を幾度となくひっくり返すようなことが起こったり、
わたしたち自身の生活様式や価値観に大きな影響を与えそうです。

 

2月18日のヒットでは、天王星と月が4ハウスで重なりましたので、
私生活や家庭環境、自身の心のありように大きな変化を感じるようなことがこの前後起こりやすいでしょう。

それは、いい、悪い、ではなく、
今まで嫌だと思っていたことをやってみようと思える、とか、
価値観がひっくり返るような思いをするとか、
大きな手放しを決意したり、

嫌が応にもお金を大きく失うとか、
(逆に入ってくるとか…)

そういう感じですw

また、個人のホロスコープでは水瓶座の土星や牡牛座の天王星が位置するハウスを見るといいでしょう。
出生図の水瓶座と牡牛座の前半エリアですね。

 

わたしは、いっくんの断乳をいきなり決めたり、
お金を失う、というのも心当たりあるしww
7ハウスが牡牛座天王星なので、
旦那さんからの影響が家庭にやってくる、
というのを先月経験しました。

あとはクラブハウスなどでいきなりいろいろと繋がったり、
すごく価値観を変えてもらえるお話をいただいたりしました。

これもこんど書きます(笑)

外から見える見えないはわかりませんが、
自分の心持ちとか、私生活にどちらかというと影響が強そうだなぁという感じがします。

今は社会のあらゆる業界がコロナによって影響を受けて、
その構造そのものが見直されている状況でしょうから、
働き方を問い直す人も多いのではないでしょうか。

 

また、2月18日の土星天王星スクエアのチャートを見ると、
1ハウスに星々が大密集していますので、
なにか新しいことをスタートさせる、
少なくともスタートさせようと決意する、
ということが起こりやすそうです。

 

何度も言いますが、2021年いっぱい、
お金、生活基盤や経済基盤、身体の細胞や遺伝子、
社会の構造、わたしたちの価値観など、
今までなかなか変わらなかったようなことに変化が生じやすくなっています。

太陽魚座入りについても書こうと思いましたが、長くなりましたので続きます。

 

 

星の舞storeへ☆

2021年度のオリジナルフレグランスの在庫もあります!

 

 

3月11日(木)パートナーシップリーディングコース@Zoomの募集中です!
後日動画受講も可能です。
かなり久しぶりの開催です。
テキストも大幅に加筆予定ですので、再受講も是非ご検討ください。

 

星の舞公式LINE♪ 友達追加してね!
☆イベントやセミナー(時にはシークレット企画)をご案内します