COLUMN

COLUMN

Ameba公式ブロガー海部舞による、星のお話・日々のこと・星使いの時刻表など、きっと気づきや共感がたくさん見つかるブログ。

記事詳細post

星使いの時刻表

【星使いの時刻表】土星の順行開始~風の時代の前に、旧時代を思い直す

4月30日から逆行していた土星が、9月18日の夕方頃順行に戻りました。

 

今回の土星逆行期間の特徴は、大きく分けて3つ。

1.ドラゴンテイルと重なる形でずーーーっと逆行し続けていたこと。かなりタイトに!!

2.逆行開始時、冥王星と重なっていたこと。

3.海王星が常に、ノード軸と土星のライン(蟹座、山羊座)に対して調停していたこと。

 

これら、のことから、今年の春から今までの期間は、

大きな社会の転換点にあたった。

社会の膿出し的な、カルマ解消的なことが起こった。

といえます。

 

土星と冥王星とノード軸、そして海王星。
どれもそれぞれ独自の軌道を描いて回転しています。

これらがこれらの星座にこのように集まること自体が、
数万年に一度起こるかどうかの軌跡のようなものです。

だから星読みはいつもドラマだと感じます。宇宙のドラマ。

そこには必ず宇宙の意図があります。

 

今は社会を大きく変容させるための膿出しの時。

これまでの山羊座的な社会観を終えて、
次の風の時代に向かう準備。

山羊座的な世界観というのは、パワーが一つに集まるような、物質優位の社会です。

 

実際にどんなことがあったでしょうか。

政治においてはいろんなひずみが明るみになりました。

米中貿易摩擦

英国のEU離脱騒動

暴力装置と化す香港警察

アマゾン開発を推し進めるブラジル政権による熱帯雨林の破壊

日韓の関係性悪化…

日本も選挙がありましたね。
議員秘書からの内部告発やら、
今回の千葉の災害への無策やら、
内閣改造で更に支持が下がっている様子も…

あとは吉本興業やジャニーズも内部からいろいろ起こりました。

内側から露呈されている感じが印象的なことが多くなりました。

今までは隠せていたことも、今はインターネットなどがあるから隠し通すことが出来なくなっています。

 

2020年末に土星と木星が水瓶座で重なると、
それ以降240年間、「風の星座」で土星と木星が会合し続けます。

木星と土星は20年に1度重なり、これをグレートコンジャンクションと言います。
そして、240年間、同じエレメントで会合しつづけます。

それによって、大きな時代の流れを理解することができます。

その前の240年は地の星座での会合が続いていました。
※1980年に1度天秤座(風)で重なりましたが、2000年には牡牛座(地)での会合となりました。
毎回転換点に差し掛かる直前にこういう動きがあります。

 

地から風への変化は、物質、経済(お金)、所有、パワーといった時代から、
個、情報、コミュニケーション、知識、交通といった横展開の時代になるということです。

個々の個性や力が強まり、大きな組織に従属せずとも、世界中どこでも仕事ができる。
情報はよりオープンに。
物質やお金への執着が薄まる。

水瓶座でグレートコンジャンクションが起こった1980年から、
情報化が進みましたが、その流れは更に加速し、
一つの大きなものにパワーが集まる時代が終わりを迎え、
豊かさの定義やあらゆるシステムが変化していくでしょう。

 

そんな大きな時代の転換を前にして、
今回の土星の逆行は、
風の時代に向けた強烈な膿出しとカルマの解消だったように思います。

 

この土星逆行の期間の宇宙の意図をサビアンシンボルから読み解くことができます。

 

土星が逆行を開始したときのサビアンシンボルは、
山羊座の21度「リレー競争」
山羊座の表す、企業や国家などの社会集団の間で競争が激化することを象徴しています。

 

今回逆行を終了して順行になるのは、
山羊座の14度「花崗岩に刻まれた古代の浮き彫り」
表の歴史の裏に隠された真実を知ろうとする。
社会の慣習、あり方の大元をみつめようとする。
物事を内側から理解しようとするあり方。

 

この、裏に隠された真実、内側からの理解をやり直すための逆行期間でした。

 

おそらくここから風の時代にシフトするまでのわずかな期間、
旧時代の最後の雄たけびのような出来事が多くみられると思います。

政治力や軍事力を強めようという保守的な動きが更に強まったり、
企業もまだまだ合併や買収などの巨大化する動きがあるでしょう。

国や巨大資本のパワーへの執着。

また、持つ者と持たざる者のコントラストを感じるような事件が既にあちこちで起きていますが、
それが更に強くなりそうです。

皆さんも、大きく社会が変わる今、働き方をどうシフトさせていくかで思い悩むでしょう。

リレー競争のように、本気の争いが一度強まるかもしれません。

それを通して、この社会のまずい点、自分のいるべき場所、変化させた方がいいことが明るみになっていきます。

そういったことを通して、多様な価値観を受け入れる準備、
精神性を成熟させる準備をしていくことになるでしょう。

 

これを書いていて、土星山羊座時代もあと半年か…としみじみ。

2020年は、土星が山羊座と水瓶座の間を行ったり来たりします。

来年は過渡期ですね。

 

 

☆長野県飯田市開催の下記2セミナー募集開始です!

10月17、18日(木・金)

宇宙を知り、自分を生きる~ホロスコープセミナー

>>詳細・お申込はこちらです

 

11月14、15日(木・金)

ホロスコープセミナーアドバンス

>>詳細・お申込はこちらです

 

 

増税前の割引セール中!!

たくさんのレビューありがとうございます!
2019年度の星の流れを知って、最高の1年にしましょう☆
2019年3月~2020年3月までの手帳と星読みの本です。
2019年の星の流れの解説と、星の流れを生かして最高の1年に…!を目的とした、
「星使いの時刻表セミナー2019」をオンライン開催!
募集中です!
約19,400名以上が購読中☆星の舞便りの登録はこちらです ↓
月の満ち欠けに合わせて星の情報を配信しています☆

※育休期間中につき、不定期配信となります。
 【海部舞の書籍一覧 ※Amazonに飛びます】
imageimage
アップロード画像