COLUMN

COLUMN

Ameba公式ブロガー海部舞による、星のお話・日々のこと・星使いの時刻表など、きっと気づきや共感がたくさん見つかるブログ。

記事詳細post

星使いの時刻表

【星使いの時刻表】さそり座下弦の月~2017年の本格スタートに向けて最後の執着を手放す

 

1月20日 7時13分頃 蠍座で下弦の月です

 

ちょうど明日朝、太陽が山羊座から水瓶座に移動。

太陽が水瓶座に移ってほんとうにすぐの下弦の月です。

 

星座を移った最初の最初の場所なので、
普段の下弦の月以上に新鮮な切り替えを感じます。

手放しと最終調整、
そして気持ち的にはすでに決まってきたものもある、
そんな雰囲気です。

 

もともと冬至から春分までのこの期間は、
春に種を撒く準備をする時です。

ここまでの10ヶ月で手に入れたものを整理し、
春にまく種を選び取ります。

土づくりをしたり、栄養を加えたり。

 

太陽が水瓶座に入るここからの1ヵ月のテーマは
「新しい未来ビジョン」を作り上げることです。

 

それ以外にも、ここからの1ヵ月ちょっとは面白い宇宙の時間の中を通っていきます。

 

来月、2月11日のみずがめ座の満月と、
26日の魚座の新月は「蝕」を伴います。

月蝕や日蝕ですね。

この辺りで、大きなリセットが起こります。

月蝕や日蝕はおよそ半年に1度起こりますが、
魂的な集合無意識的な大きな切り替えの時になります。

これに関しても少しずつ書いていきます。

 

この2月以降が、2017年のキーワードを生きるスタートになるでしょう。

そのキーワードとは、
「あなたにしかできないことで輝いた時に、全体の豊かさにつながる」

そして、
「多くの人と繋がりながら絆をはぐくみ、新しいビジョンを世界大で生きる」

です。

2つ目の人と繋がりながら大きなことを成し遂げる点に関しては、
2016年の秋に準備していたことが、
2017年の秋までに結果が出るかなぁという感じです。

この辺りもまたゆっくりお伝えします。

 

そして蠍座と水瓶座のこの下弦の月の関係は、
「最後の最後の執着を手放す」

という意味があるように思います。

 

心の奥深くにしまっていた、執着や囚われ、
未練みたいなのを引きはがして、
次のステージに向かうように促してくれます。

執着から本当の信頼関係へ

未練から絆へ

古い関係を絶ち切って、
新しい人と、新しい関係を築く。

そんな時です。

 

この「引きはがし」は、人間関係のみではなく、
「学んだり教えてきたこと」に関しても起こりやすいようです。

専門性を持っていないといけない、
自分はまだ知識が足りない、
もっと探求しなければいけない、
この学びこそ最高だという思い込み、
必要のないものを必要だと信じすぎてしまうこと、
もっと経験しないと自分は足りないと思い込むこと…
そんな囚われを断ち切って前に進む力をくれる可能性もあります。
より自由な発想で、広い世界を・・・そんな気持ち誘ってくれそうです。

一生懸命学んでいたことへの興味が無くなり、
違う分野に興味が向かうとか、
新しいビジョンがいきなり開けて軌道修正をする場合もありそうです。

 

全ては必要な流れなので、
違和感に気が付いたら手放す。

そのことだけわかっていればいいようにも思います。

 

ここでちゃんと手放したり軌道修正したり断ち切ったりできたかで、
次の春分からの1年間が決まってきますので、とても大切です。

 

そして、水瓶座の新月を経て、2月11日の星の配置は大変神秘的で美しい。

この時くらいまでに一つの決着というか、昇華が起こりそうに思います。

 

そうして、3月20日の大きなスタートに向けた深いレベルの準備をしていきます。

 

 


1月20日、蠍座下弦の月のメルマガを配信します。
月の満ち欠けに合わせて星の情報を配信しています☆

 

おかげ様で重版決定!!
「星を使って、思い通りのわたしを生きる!」詳細はこちらです
ご感想もお待ちしています♡
星を使って、思い通りのわたしを生きる!
宇宙のエネルギーを味方につける 星使いの時刻表 2017年版
Amazonで予約受付中です!